昨年の秋にイタリア中部地震復興支援の特別メニューとして期間限定販売されたサイゼリヤのアマトリチャーナ ビアンコが定番メニューとして再登場しました。

サイゼリヤのアマトリチャーナ ビアンコ

改めて食べてみましたが、ペコリーノチーズの香りと共にグァンチャーレ(豚ほほ肉の塩漬け)の旨味も感じられて、399円とは思えない美味しさです。

注)メニュー表にはパンチェッタ使用と書かれていますが、私にはグァンチャーレのように思えました。
一緒に注文したほうれん草のソテーに使われているパンチェッタとは違う肉のように感じられたのです。

パッと見はこってりとしているように見えますが、塩味のパスタにペコリーノチーズを絡めてあるという感じでソースではないため、同じサイゼのカルボナーラよりもあっさりしています。
カロリーもカルボナーラよりも低カロリーです。

ペコリーノチーズは独特の香りがしますので、かなり好みが分かれると思いますが、嫌いでなければオススメのパスタです。